野菜は生きている!!

野菜は、収穫されたらそれで終わりと言うわけにはいきませんよね。(汗)野菜は、収穫後も生きているのですよ。ですから、保存しようとして時間が経つとダメになってします事もあります。また、冷蔵庫で冷やし過ぎたりすると色が変わってしまったりすることもあります。(汗)それは死んでいくと言うのではありませんよ。(涙)このように、野菜を保存しているつもりが病気にしていることもあります。(汗)

野菜が低温障害になると水っぽくなったりします。また、黒ずんだり、斑点が出たりもします。このように色んな状態になってきます。(汗)また、見た目が変わります。栄養においてもビタミンCなど栄養価が減ってしまっていることも充分に考えられます。(汗)~と言うもの、真夏のあの暑さの中では、冷蔵庫に入れない方が良いと言って室温に置いておくのと、冷蔵庫の野菜室に入れておくのとでは、冷蔵庫の方が長持ちしますよね。(笑顔)

暑さに強い野菜は、サツマイモなどがありますよ。(笑顔)そうした野菜以外は、真夏になれば野菜室に入れるようにしましょう。それで出来るだけ早く食べてしまうことをお勧めしますね。この場合、熟していない果物のは、常温で置いておかないと熟してくれません。ですから、常温保存しておくことをお勧めします。(笑顔)食べる時にちょっと冷やして食べると良いですね。(笑顔)このように野菜も果物も生きています。適切な保存方法で保存して美味しくいただけるようにしましょう。(笑顔)